beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

吉田欠場もサウサンプトンのプレミア残留決定!武藤は途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

サウサンプトンの残留決定

 プレミアリーグは27日、第36節を行った。

 DF吉田麻也の所属するサウサンプトンはホームでボーンマスと対戦。前半12分にFWシェーン・ロングが先制点を挙げ、一時は逆転を許すが後半22分にDFマット・ターゲットが勝ち越し弾を決め、3-2とする。しかし、後半41分にFWカラム・ウィルソンに同点ゴールを決められ、3-3で引き分けた。

 残り2試合で勝ち点38としたサウサンプトン。降格圏18位カーディフ(勝ち点31)が19位フルハムに敗れたため、サウサンプトンの残留が決まった。なお、吉田は体調不良によりベンチ外だった。

 FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは敵地でブライトンと対戦。前半18分にFWアジョセ・ペレスが先制点を決めるも、後半30分に追いつかれて1-1で勝ち点1を分け合った。武藤は後半36分から途中出場。3分後にイエローカードを受けた。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP