beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

L・スアレス、リーガ優勝の価値を強調「シーズン通して浮き沈みないことが必要だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイス・スアレスがリーガ優勝の難しさを強調

 27日のリーガ・エスパニョーラ第35節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのレバンテ戦に1-0で勝利し、2シーズン連続、通算26回目の優勝を決めた。FWルイス・スアレスは試合後、リーグ戦優勝には大きな価値があると、自チームが成し遂げたことを誇っている。

 今季リーガで21ゴールを記録し、34ゴールのメッシとともにチームの得点力を支えたL・スアレス。レバンテ戦後には、次のようにコメントしている。

「今日は苦戦を強いられ、リーグ戦優勝の難しさが改めて証明されたね。リーグ戦を制するためには、1シーズンを通じて浮き沈みがないことが必要となるわけだ。優勝は大きな価値があることで、素晴らしい功績として称えられなくてはならない」

 バルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝、コパ・デル・レイでも決勝まで生き残っており、4年ぶりの3冠達成にも期待がかかる。

「僕たちは努力と献身の姿勢でもって進んでいく。水曜(CLリバプール戦)には、最も難しい試合の一つに臨むことになるね。目標を達成したいならば、最高のパフォーマンスを見せなければならない」

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP