beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ため息混じりの4戦連続ドロー…柏は横浜FCを押し込むも決めきれず

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.28 J2第11節 柏0-0横浜FC 三協F柏]

 5位柏レイソルは、12位横浜FCと三協フロンテア柏スタジアムで対戦。両チームとも決定機をものにできず、スコアレスドローで終わった。

 3試合連続引き分けで勝ち点を伸ばせず足踏みが続く柏は、3-4-1-2を採用。先発には前節・金沢戦(△0-0)と同じ11人が並んだ。
 前節は千葉から逆転で白星を挙げた横浜FC。千葉戦からスタメンを1人入れ替え、MF中里崇宏を第2節以来9試合ぶりに起用した。
[スタメン&布陣はコチラ]

 最初にシュートまで持ち込んだのはホームの柏。12分、FWクリスティアーノが左サイドを突破し、ゴール前で混戦になったボールをMF小池龍太が豪快に振り抜いたが、シュートはDFに阻まれてしまう。

 柏は22分にも左サイドからチャンスをつくり、MF菊池大介がクリスティアーノにクロスを合わせたが、とらえきることができなかった。

 アウェーの横浜FCは、かつて柏に所属していたMFレアンドロ・ドミンゲスが起点となるが、柏守備陣の素早い寄せにあい、なかなかシュートまで持ち込めない。それでも前半終盤には決定機をつくり、レアンドロのパスをFW戸島章がペナルティエリアでフリーで受けたが、ゴール右隅へのシュートはGK中村航輔の好守にあってしまう。その直後にはスローインの流れから、MF佐藤謙介がミドルシュートを見舞ったが、ゴールマウスをとらえることができず、スコアレスのまま前半を終えた。

 後半立ち上がりから柏が横浜FCを押し込む。10分にはMFヒシャルジソンがドリブルで駆け上がり、FW瀬川祐輔へ。瀬川は反転から左足で狙ったが、GK竹重安希彦の正面をついた。

 11分、横浜FCは交代枠を2つ使い、DF北爪健吾に代わりFW斉藤光毅、中里に代わりMF渡邊一仁を投入。布陣を4-3-2-1へとシフトした。

 横浜FCの交代策も流れを変えるにはいたらず、柏のペースが続く。25分、FW江坂任のクロスにクリスティアーノがフリーでヘディングを放ったが、ボールはGK竹重の両手におさまった。

 失点ゼロで耐えていた横浜FCは、39分、ペナルティエリア内でボールを受けたレアンドロがワンタッチで途中出場のMF松井大輔の落とすと、松井は左足でシュートを狙う。しかし、DF染谷悠太が身を挺して守り、ゴールを割ることができない。

 結局最後までスコアは動かず、勝ち点1を分け合った。横浜FCは5試合ぶりの無失点で勝ち点を14に。柏は4試合連続の引き分けで上位と勝ち点をつめられなかった。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第11節2日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP