beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

興梠慎三が“平成最ゴール”!! 浦和が清水に完封勝利で3連勝飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.28 J1第9節 清水0-2浦和 アイスタ]

 J1リーグは28日、第9節2日目を行った。IAIスタジアム日本平では清水エスパルス浦和レッズが対戦。FW興梠慎三がJリーグ平成最後のゴールを挙げ、2-0で浦和が3連勝を飾った。一方、清水は連勝がストップ。3試合ぶりの黒星を喫した。

 今季初勝利から2連勝中の清水は、24日のルヴァン杯・松本戦(2-2)からDF立田悠悟とMF六平光成を除く9人を変更。内転筋を痛めていたMF中村慶太が復帰した。同じく2連勝中の浦和は、24日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)全北現代戦(1-2)と同じ11人を起用している。

 前半は清水のペースで試合が進む。前半14分、敵陣中央でMF金子翔太のパスを受けた中村が右足一閃。パンチ力のあるシュートが枠を捉えたが、GK西川周作の正面に飛んでしまう。41分には、六平の浮き球パスに反応した中村がPA左からダイレクトボレー。後方からの難しいボールを右足でしっかりとらえたが、これもGK西川に阻まれた。

 清水は後半6分、DF立田悠悟がディフェンスラインの裏へロングパスを供給し、抜け出した鄭大世がコントロールしてPA左から左足を振り抜く。鋭いシュートだったが、GK西川に足で止められ、牙城を崩し切れない。対する浦和は、なかなかPA内からシュートを打てず、10分にMFエヴェルトン、20分にはMF山中亮輔がPA外から狙うも枠を捉えきれなかった。

 清水は後半16分に鄭大世を下げ、FWドウグラスをピッチに送り込む。だが、浦和が清水の攻撃に対して冷静に対応。27分にFW武藤雄樹に代えてFW汰木康也を投入すると、直後にスコアが動いた。左CKの流れから山中の左クロスをFW興梠慎三が胸でコントロールし、左足ボレーを放つ。GK六反勇治が弾いたボールをDFマウリシオが左足で押し込み、浦和が均衡を破った。

 清水は後半32分、中村に代えてMF楠神順平、34分にはFW北川航也をFW滝裕太に代え、交代カードを使い切った。終盤になるにつれ、相手の背後を狙うようなパスが増えるが、浦和の守備を崩し切るには至らず。後半アディショナルタイム6分の滝のシュートは無常にもクロスバーを叩いた。

 後半アディショナルタイム7分にはカウンターから汰木が右サイドを抜け出し、中央に折り返したボールを興梠がチップキック。試合はそのまま2-0でタイムアップを迎え、浦和が逃げ切った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第9節2日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP