beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[東海]岐協大が開幕4連勝で首位キープ! 東園大、中京大、静産大が3勝目で続く:第4節

このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕4連勝中の岐阜協立大

第58回東海学生サッカーリーグ1部


 第58回東海学生サッカーリーグ1部の第4節が27日に行われた。開幕全勝の岐阜協立大名古屋商科大に4-0で勝利し、4連勝とした。

 東海学園大静岡産業大は天皇杯予選の影響で1試合分消化しておらず、岐協大は暫定で首位に立つ。今節でもFW横山智也(1年=岐阜U-18)が開始1分、相手GKのクリアを拾って左足シュートで先制点を挙げた。

 横山は後半12分にも追加点を決め、岐協大は2-0と点差を広げる。その後も同22分にFW重松寛太(2年=星槎国際高湘南)が、同45分にMF佐藤裕斗(3年=星槎国際高湘南)がダメ押しの4点目。そのままリードを守り切り、4-0で完封勝利を達成した。

 静産大は1試合未消化ながらも、前々節は4得点、前節は5得点とその攻撃力を見せつける。しかし今節は名古屋経済大に苦戦。拮抗した試合展開となったが、前半30分にFW栗田マークがPKを決めた。静産大はそのまま虎の子の1点を守り切り、1-0で今季3勝目を挙げた。

 昨季王者の東園大は愛知学泉大に6-0で大勝。6選手それぞれが得点を決め、その総合力の高さを示した。常葉大愛知学院大と対戦し、一時同点に追いつかれるも、地力の差を見せて3-1で逃げ切った。

 中京大中部大に3-1で勝利。MF加藤弘也(3年=中京大中京高)が15分間でハットトリックの活躍をみせた。四日市大名古屋学院大は打ち合いの末に、2-2のドローに終わった。

 4試合全勝の岐協大が暫定で首位をキープ。2位以下は東園大、中京大、静産大と続いている。

結果は以下のとおり

【第4節】
(4月27日)
[小笠山総合運動公園エコパ補助競技場]
中京大 3-1 中部大
[京]加藤弘也3(70分、80分、84分)
[部]福田隼大(75分)

四日市大 2-2 名古屋学院大
[四]高林栄輝(57分)、大山幸央(64分)
[名]南谷光太2(53分、92分)

[竜洋スポーツ公園サッカー場]
静岡産業大 1-0 名古屋経済大
[静]栗田マーク(30分)

岐阜協立大 4-0 名古屋商科大
[岐]横山智也2(1分、57分)、重松寛太(67分)、佐藤裕斗(90分)

[静岡県営都市公園遠州灘海浜公園球技場]
常葉大 3-1 愛知学院大
[常]中野貴文(37分)、村山健(73分)、田野雅大(90分+3)
[愛]刑部太喜(60分)

東海学園大 6-0 愛知学泉大
[東]神門滉人(25分)、神谷椋士(42分)、榎本啓吾(86分)、小原基樹(88分)、中尾友星(90分+1)、西澤利樹(90分+3)

●第58回東海学生1部L特集

TOP