beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]法大が佐藤大樹V弾で連勝!1年生5人が先発の順大は今季初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

法政大が順天堂大を1-0で下した

[4.28 関東大学L第3節 法政大1-0順天堂大 味フィ西]

 関東大学リーグ1部の第3節が28日に行われ、法政大順天堂大に1-0で勝利した。法政大は2連勝、順大は初黒星でともに2勝1敗となった。

 前半から緊張感のあるゲームになった。前半19分には法政大がDF関口正大(3年=新潟明訓高)のクロスからMF森俊貴(4年=栃木ユース)が合わせて狙うが枠に嫌われる。同34分にはFW上田綺世(3年=鹿島学園高/鹿島内定)がFKを直接蹴るが、壁を突き抜けた力強いシュートはGKの腕の中に収まった。

 後半に入ると順大も立て続けにチャンスを作る。しかし後半5分のMF桂陸人(1年=広島ユース)のマイナスクロスからFW旗手怜央(4年=静岡学園高/川崎F内定)が狙ったシュート、同6分にはDF山崎大地(1年=広島ユース)が無回転気味のミドルで狙うが、いずれもゴールネットを揺らすことはできない。さらに同34分にはMF長倉幹樹(2年=浦和ユース)が決定機を迎えるが、シュートはポストを直撃。長倉も思わず頭を抱えた。

 だが後半42分、ついにスコアが動くことになる。右サイドでボールを持った上田がDFの裏にロングパス。FW佐藤大樹(2年=札幌U-18)が抜け出してGKとの1対1を迎えると、左足アウトサイドに当てるシュートでGK佐藤久弥(3年=東京Vユース)の左脇を射貫いてゴールにねじ込んだ。

 殊勲の佐藤は「綺世くんはああいうところで前を向くとパスを出してくれる。あの場面も目が合ったので、いいボールが来ると信じていた。あとは抜け出して決めるだけでした」と笑顔で話す。これで開幕戦に続く今季2ゴール目。「開幕戦のゴールが自信になっている。いつもはああいうのを外してしまうんですけど、決めれて良かったです」と充実の汗をぬぐった。

 一方の連勝発進だった順大は3戦目で今季初黒星。デビュー戦となった山崎を含む、桂、MF寺山翼(1年=FC東京U-18)、MF安島樹(1年=大宮ユース)、FW大森真吾(1年=東福岡高)の1年生5人を先発メンバーに抜擢していたが、健闘虚しく今季初の無得点で敗れた。

(取材・文 児玉幸洋)
●第93回関東大学L特集

TOP