beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]連勝達成の関学大が今季3勝目! 大体大、びわこ大は全勝キープ:前期第4節

このエントリーをはてなブックマークに追加

関西学院大が今季3勝目

第97回関西学生サッカーリーグ1部


 第97回関西学生サッカーリーグ1部の前期第4節が27、28日に各地で行われた。関西学院大京都産業大に3-1で勝利し、今季3勝目とした。

 関学大はMF山本悠樹(4年=草津東高)が前半25分に先制点を挙げるも、京産大も同31分にFW堤原翼(3年=京都橘高)が同点弾を決める。しかし関学大は終盤に2連弾。後半35分にDF竹本将太(4年=東高)が勝ち越し点を、同アディショナルタイム3分過ぎには山本がFKを直接沈めてダメ押し弾とした。3-1で試合を制した関学大は今季初の連勝を達成している。

 開幕3連勝の大阪体育大近畿大と対戦。前半45分にFW安原修平(3年=広島皆実高)が先制点を挙げると、後半10分には先制点をアシストしたMF西田恵(4年=関大北陽高)がPKを冷静に決めた。そのまま逃げ切り、2-0で試合は終了。開幕全勝、リーグ最多11得点、リーグ最少1失点で首位をキープしている。

 同じく開幕全勝中のびわこ成蹊スポーツ大大阪産業大に1-0で勝利。終始猛攻を仕掛けたびわこ大だが、90分が過ぎても得点できず。しかし、後半アディショナルタイム1分過ぎ、右サイドのDF上林聖矢(4年=草津東高)がクロスを上げ、ゴール前のMF佐藤諒(4年=藤枝明誠高)からパスを受けたMF上月翔聖(2年=神戸弘陵高)が決勝点を挙げた。

 関西福祉大桃山学院大と対戦。FW西尾和真(3年=綾羽高)が後半5分に先制点を決めるが、同34分には桃山大にPKを決められて追いつかれる。しかし同44分にはMF大深拓海(2年=大阪桐蔭高)が、同アディショナルタイム2分過ぎには再び西尾がダメ押し点を挙げ、3-1で勝利。1部初白星を獲得した。

 開幕3連敗だった阪南大関西大に1-0で今季初白星。後半39分、DF真瀬拓海(3年=市立船橋高)のクロスからルーキーFW郡司篤也(1年=市立船橋高)がヘディングシュートを決めた。

 立命館大大阪経済大に快勝。FW延祐太(3年=JFAアカデミー福島)のハットトリックを含む大量6得点を挙げ、6-1で今季2勝目としている。

 前期第5節は30日に行われる。

結果は以下のとおり

【前期第4節】
(4月27日)
[アクアパルコ洛西]
関西学院大 3-1 京都産業大
[関]山本悠樹2(25分、90分+3)、竹本将太(80分)
[京]堤原翼(31分)

大阪体育大 2-0 近畿大
[大]安原修平(45分)、西田恵(55分)

(4月28日)
[甲賀市水口スポーツの森陸上]
立命館大 6-1 大阪経済大
[立]竹本雄飛(16分)、延祐太3(19分、75分、84分)、明比友宏(23分)、田中康介(30分)
[大]原田陸(63分)

びわこ成蹊スポーツ大 1-0 大阪産業大
[び]上月翔聖(90分+1)

[西京極総合運動公園補助]
桃山学院大 1-3 関西福祉大
[桃]毎熊晟矢(79分)
[関]西尾和真2(50分、90分+2)、大深拓海(89分)

関西大 0-1 阪南大
[阪]郡司篤也(84分)

●第97回関西学生リーグ特集

TOP