beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「基本は下からつなぐけど…」横浜FM広瀬、スタイル“逆手”にロングアシスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノスDF広瀬陸斗

[4.28 J1第9節 横浜FM2-1鹿島 日産ス]

 普段は華麗なパスワークを持ち味とする横浜F・マリノスだが、この日の勝負を決めたのは一本のロングフィードだった。FWマルコス・ジュニオールの得点をアシストしたDF広瀬陸斗は「基本は下からつなぐけど、それだけじゃ取りやすい。ギャップができたところをうまく突けて良かった」と、してやったりの表情を浮かべた。

 1-1で迎えた後半37分、広瀬は攻めに出てきた鹿島に対し、最終ラインの背後へのロングパスを選択した。「町田選手(DF町田浩樹)が下に引いたのが見えたので、GKと1対1になればいいかなと思ってゴールに直結するパスを狙った」。これが一発でM・ジュニオールにピタリ。逆転のハーフボレーシュートがニアポスト脇に突き刺さった。

「たぶん相手もずっと下から繋いでくると思っていたかもしれないけど、時には裏とか飛ばしたパスが有効になる。マルコスの動きが見えたので、うまく通って点につながって良かった」(広瀬)。

 受け手との意思疎通も万全だった。「あのボールは練習からコミュニケーションを取っていた。DFが対応しにくいし、あの位置だとビルドアップで短いパスをつなぐと敵は考えると思う。その逆を突いてスペースを狙って、陸斗が僕の動きを見てくれていた」(M・ジュニオール)。

 勝負強さを持ち味とする鹿島に対する大きな逆転勝ち。しかし、大事なのは次だ。「いい試合をした次の試合に悪い試合というか、自分たちの試合ができないことが多かった。今日の試合は勝てて良かったけど次が大事。勝った負けたの波をなくせるように頑張りたい」。リーグ最少失点の広島を崩し切り、今季の横浜FMの真価を見せる。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第9節2日目 スコア速報

TOP