beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルセロナ、敵将の「カンプノウは聖地じゃない」発言に動画で反論

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールユルゲン・クロップ監督

 バルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona)が30日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝で対戦するリバプールユルゲン・クロップ監督に反論した。

 バルセロナは欧州CL準決勝でリバプールと対戦。1日に予定されている第1戦はバルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われる。

 クロップ監督は『DAZN』のインタビューに対し、「カンプ・ノウはただのスタジアム。かなり大きいけど、フットボールの聖地ではない」と宣戦布告。アウェーでの一戦に自信を見せていた。

 これに対してバルセロナが反応。「ここはカンプ・ノウ。われわれの家、われわれの聖地、そしてわれわれの要塞だ」と述べ、スタジアムにフォーカスした動画を投稿している。



●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP