beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖トーレスに今夏メキシコ移籍が浮上…メキシコメディアが報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しいシーズンを送るFWフェルナンド・トーレス

 サガン鳥栖のキャプテンを務める元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスに今夏のメキシコ移籍の噂が浮上している。メキシコメディア『mediotiempo』が報じた。

 獲得に関心を持っているクラブは、メキシコ2部に所属するアトレティコ・デ・サンルイス。トーレスの古巣アトレティコ・マドリーとパートナーシップを結んでいるクラブで、現在は昇格プレーオフを戦っている。

 チームは1部昇格が実現した場合、トーレス補強を目指すという。記事によると、チームのMFノア・マヤは「トーレスがサンルイスに来るかもしれないという噂はあるが、私たちが今一番求めているのは昇格だ。その後に“エル・ニーニョ”ことトーレス、もしくはアトレチコの選手が加入するならば、ここで歓迎されることは間違いない」と話している。

 J1最下位に沈む鳥栖からトーレスが離れるのか…。まずはサンルイスの1部昇格が実現することが前提条件となるようだが、動向が注目される。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP