beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デ・ヘアにパリSG行きの可能性?マンUは新GK候補オブラクに関心

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダビド・デ・ヘアがパリSGへ?

 マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアに、リーグ・アン行きの可能性が浮上。その代案としてユナイテッドは、リーガで高評価を得ているGKを新守護神として迎え入れるべく画策しているようだ。

 今季、パリSGに加わったGKジャンルイジ・ブッフォンは1年契約+1年の延長契約付きでリーグ・アン挑戦となったが、契約延長の話は現時点で頓挫し、現役引退のうわさも。そして、その後継者としてデ・ヘアの名前が浮上している。

 デ・ヘアはユナイテッドとの契約が2020年までとなっているが、今シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝のバルセロナ戦、プレミアリーグのチェルシー戦と不用意なミスを見せたことから評価が急落。クラブ側は移籍金の発生する今夏の移籍市場でデ・ヘアを売却するプランを検討しているという。その移籍金はおよそ5000万ポンド(約72億円)に及ぶものと見られる。

 その代案として、ユナイテッドはアトレティコ・マドリーのGKヤン・オブラクに照準を定めているようだ。『ESPN』によると、オブラクはアトレティコと高額な契約解除金を設定しており、その額は1億2000万ユーロ(150億円)に達するという。だがクラブはこの額を支払うことも検討している模様だ。

 今シーズンは大一番で不用意なミスを見せたデ・ヘア。ユナイテッドはデ・ヘアに見切りをつけて新守護神獲得に動くのだろうか。また、デ・ヘアは2011年の夏に、アトレティコからユナイテッドに加わっただけに、8年後も同様の構図で移籍が成立するのかどうか、そしてGKの玉突き移籍が発生するのかは今夏の移籍市場で一つの焦点となりそうだ。

●フランス・リーグアン2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP