beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

また大物がJリーグ参戦か?マンCの司令塔に神戸行き急浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダビド・シルバがJリーグ参戦か

 マンチェスター・シティに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(33)に、ヴィッセル神戸への移籍が急浮上している。米『ESPN』が報じた。

 バレンシアの下部組織育ちのシルバは、エイバルとセルタへの期限付き移籍を経て、2010年6月にシティに加入。足もとの技術に優れ、視野の広さをいかしたゲームメイク、オフ・ザ・ボールの動きを武器に、ここまで公式戦393試合70ゴールを誇り、3度のプレミアリーグ優勝を含む10個のタイトル獲得に貢献した。

 『ESPN』によると、シルバの契約は2020年まで。シティは来シーズンの戦力として考えているが、神戸が元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)との共演を目指して、獲得を検討しているようだ。

 “バルセロナ化”を推し進める神戸は、イニエスタのほかに、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、元スペイン代表FWダビド・ビジャといったビッグネームを獲得。しかし、今シーズンはここまで3勝1分5敗の12位に沈み、先月17日にはフアン・マヌエル・リージョ前監督との契約解除が発表され、吉田孝行監督が復帰していた。

 シルバはまだ将来について決定的な決断を下していないようだが、果たして世界屈指の天才司令塔の神戸加入は実現するのだろうか。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP