beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“J1令和初ゴール”の横浜FM仲川輝人、元号またいでの連発弾に「何かしら縁があるのかな」

このエントリーをはてなブックマークに追加

“J1令和初ゴール”の横浜FM仲川輝人

[5.3 J1第10節 広島0-1横浜FM Eスタ]

 決勝点を挙げた横浜F・マリノスのFW仲川輝人がJ1令和初ゴールを決めた。

 3日、J1リーグは第10節を行い、横浜FMはアウェーでサンフレッチェ広島と対戦。前半34分、敵陣中央の左からFWマルコス・ジュニオールがPA左へスルーパスを送ると、中央から斜めに走り込んだ仲川がGK大迫敬介をかわして角度のないところから左足を振り抜く。これがDF佐々木翔に当たってゴールネットを揺らし、横浜FMが1-0で逃げ切った。

 平成最後となった、先月28日の鹿島戦でもゴールを決めていた仲川。元号をまたいで2試合連続ゴールを挙げ、ゴールパフォーマンスでは令和の『令』のポーズを作ってサポーターを沸かせた。

 試合後のインタビューで仲川は「ショートカウンターに近い形で、ボールを奪ってから早く前に進めたことが点につながった。自分もキーパーの動きを見て、冷静にかわして流し込むことができた」と、得点シーンを振り返った。

「平成最後、令和1号と何かしら縁があるのかなと思う」と笑みをみせた仲川。「一応、(ゴールパフォーマンスは)考えていた。実行できて良かった。チームメイトと考えながら、令和の『令』を取り入れた。みんなは恥ずかしがってやらなかったが、自分はしっかり1号としてできたので良かった」と満足感を示した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第10節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP