beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

来季CLを近づける一撃!!伊東純也の今季3得点目でゲンク5連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊東純也が今季3得点目を挙げた

[5.3 ベルギー・リーグPO1第7節 ゲンク4-0アントワープ]

 ベルギー・リーグのプレーオフ1第7節が3日に行われ、FW伊東純也の所属する首位ゲンクはホームで3位アントワープと対戦し、4-0で勝利した。9試合連続スタメンの伊東はフル出場。2点リードの後半12分に6試合ぶりとなる今季3得点目を記録した。チームは5連勝を飾り、2位以上を確定させている。

 ゲンクは前半24分、アントワープDFのハンドで獲得したPKをMFルスラン・マリノフスキーが左足でゴール右に決め、先制に成功。後半9分には相手のバックパスのミスからボールを拾ったFWムブワナ・サマッタがPA手前中央まで持ち込み、右足でコントロールされたシュートをゴール右隅に突き刺した。

 そして2-0の後半12分、左サイドを突破したFWレアンドロ・トロサールがクロスを送ると、大外からフリーで走り込んだ伊東が反応。バウンドしたボールにうまく右足で合わせ、ダメ押し弾を奪った。

 後半アディショナルタイム1分にはMFブライアン・ハイネンがPKを決めて4-0。そのまま逃げ切ったゲンクが5連勝を果たした。

 ベルギー・リーグのプレーオフ1では優勝チームに来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)、2位チームに欧州CL予選3回戦への出場権が与えられる。勝ち点を50に伸ばしたゲンクは残り3試合で3位アントワープとのポイント差を12とし、2位以内が決定。また、12日に開催される次節の2位クラブ・ブルージュ戦で優勝が決まる可能性も出てきた。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP