beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3戦不発のC大阪を救ったのはメンデス&奥埜!!新加入アベック弾で松本に勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

C大阪が松本を2-0で下した

[5.4 J1第10節 松本 0-2 C大阪 サンアル]

 J1第10節が4日に開催され、暫定14位のセレッソ大阪は敵地で11位松本山雅FCと対戦し、2-0で勝利を収めた。前半21分にFWブルーノ・メンデス、後半38分にMF奥埜博亮と、新加入の2選手が揃って今季初ゴール。5試合ぶりの白星で2戦負けなし(1勝1分)とした。

 前節終了時点で総得点がリーグワースト3位の松本(6得点)と同2位C大阪(5得点)の対決。互いに攻撃面に課題を抱える中、先にスコアを動かしたのはアウェーのC大阪だった。

 前半21分、右サイド後方のMF水沼宏太が前線に入れたボールをメンデスがヘディングで裏のスペースへ流し、走り込んだ奥埜がゴールライン際からクロスを送る。ニアのメンデスが頭でそらすようにゴール左に決め、加入後リーグ戦初得点をマーク。3試合連続ノーゴール中だったC大阪は、チームとして4試合ぶりの得点となった。

 後半もボールを保持して主導権を握ったC大阪。後半16分にPA内へ抜け出したFW都倉賢がGK村山智彦との1対1を迎え、同24分には都倉のヘディングの落としから水沼が至近距離でシュートを放つが、いずれも追加点には至らない。

 それでも後半38分、PA内中央で水沼がつぶれ、こぼれ球を拾ったメンデスが左足でシュートを打つと、GK村山に弾かれたボールを奥埜が右足で押し込む。今季加入した奥埜は、これが新天地での初ゴール。2点のリードを守り抜いたC大阪が5試合ぶりの勝利をつかんだ。松本は2試合連続の無得点と複数失点。今季2度目の連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第10節2日目 スコア速報

TOP