beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

与えたPK“ミス”を取り返す千金ヘッド!名古屋MFシミッチ「悪くない結果」

このエントリーをはてなブックマークに追加

シミッチがドローに持ち込むゴールを奪った

[5.4 J1第10節 湘南1-1名古屋 BMWス]

 MFジョアン・シミッチが、“ミス”を取り返す千金ヘッドで名古屋グランパスに勝ち点1をもたらした。

 “ミス”は前半終了間際のプレー。エリア内でスライディングをしてボールを止めに行ったところで、MF岡本拓也と交錯。今村義朗主審は迷わずPKスポットを指さした。「しっかりと映像で見ていないですが、感覚ではPKではなかったかな」。悔やまれる場面になった。

 しかし、ブラジル人助っ人は取り返すチャンスを虎視眈々と狙っていた。後半6分のゴール前から壁下を通すように蹴ったFKは惜しくも味方に当たってしまったが、同20分、MFガブリエル・シャビエルのFKを頭で合わせて、同点弾を奪った。

 シミッチのゴールは第3節のG大阪戦以来で、7試合ぶりとなる来日2ゴール目。初ゴールもシャビエルのFKを頭で合わせたものだった。この日もFKの前にシャビエルと話をして、蹴るコースを確認していたのだという。

「シャビ選手はすごくボールの質が良い。相手のマークがあった中で、自分は離れることが出来て、しっかりとタイミングを合わせることが出来た」とゴールシーンを振り返った背番号8は、「後半は勝ってもおかしくない試合内容だったけど、アウェー戦で勝ち点1は悪くない結果。その中では満足しています」と前向きに話した。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP