beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールにプレミア史上最高のSBコンビ誕生!ともに2桁アシストを記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

右SBトレント・アレクサンダー・アーノルド(20)と左SBアンドリュー・ロバートソン(25)

 リバプールに所属する右SBトレント・アレクサンダー・アーノルド(20)と左SBアンドリュー・ロバートソン(25)が、プレミアリーグ史上最高のサイドバックコンビとなった。

 4日、リバプールはプレミアリーグ第37節でニューカッスルと対戦し、3-2で競り勝った。この試合に先発出場したアレクサンダー・アーノルドは2アシストを記録。ロバートソンとともに今季11アシスト目をマークした。

 プレミアリーグの公式ツイッター(@premierleague)によると、1シーズンにディフェンダー2人が10アシスト以上を記録したのは、同リーグ史上初とのこと。リバプールは今季87ゴール挙げており、その約25%が2人のアシストから生まれたことになる。

 今季のPFA年間ベストイレブンに選出されたアレクサンダー・アーノルドとロバートソン。下部組織育ちのイングランド代表SBは、今季ここまでリーグ戦28試合1ゴール11アシストを記録。2017年7月にハル・シティから加わったスコットランド代表SBは、リーグ戦35試合11アシストを記録している。

 なお、5日現在のアシストランキング1位は、ボーンマスに所属するMFライアン・フレイザーの14アシストとなっている。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP