beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大黒将志の一日遅れバースデー弾も実らず…徳島、岩尾憲の劇的V弾で5戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝ゴールを決めた岩尾憲

[5.5 J2第12節 徳島3-2栃木 鳴門大塚]

 J2リーグは5日、第12節3日目を行った。鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは徳島ヴォルティス栃木SCが対戦。後半アディショナルタイム2分のMF岩尾憲の劇的ゴールにより、徳島が3-2で競り勝った。

 5試合勝利から遠ざかっている(3分1敗)の徳島は、先月28日の京都戦(0-0)から3人を変更。DF石井秀典が10試合ぶり、MF表原玄太が8試合ぶりに先発で起用され、MF清武功暉が出場停止から復帰した。6試合未勝利(3分3敗)の栃木は、岐阜戦(1-1)から2人変更。DF福田健介とMF岩間雄大に代え、DF森下怜哉とMF寺田紳一を起用した。

 試合は早々に動いた。栃木は前半9分、MF西谷優希のシュートが相手にブロックされて、ゴール前に山なりのボールが上がり、DF石井秀典を腕で抑えながらFW大黒将志が右足ボレー。威力はなかったが、ゴール右隅に吸い込まれ、栃木が先手を取った。

 昨日4日に38歳の誕生日を迎え、一日遅れのバースデーゴールとなった大黒は、3試合連続ゴールで今季4点目とした。

 だが、徳島がすぐさま追いつく。前半24分、MF小西雄大がPA左へ浮き球パスを送り、抜け出したMF内田裕斗が中央に折り返す。これがブロックに入ったDF田代雅也の腕に当たり、PKを獲得。キッカーの清武が落ち着いてほぼ正面に蹴り込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

 後半に入り、押し込む時間が続いたが、攻めあぐねた徳島。それでも32分、高い位置にポジションを取っていたオランダ人助っ人がゴールネットを揺らす。PA左手前でMF内田裕斗のパスを受けたDFヨルディ・バイスが右足を振り抜くと、狙い澄ましたシュートがゴール右に突き刺さり、逆転に成功した。

 あまりチャンスが多くない栃木だが、後半38分にゴールを背にした大黒がPA左につなぎ、MF浜下瑛が後方に落としたボールをFW西谷和希が左足ダイレクトボレー。抑えの効いたシュートが右サイドネットに決まり、2-2と追いついた。

 試合はこのまま終了すると思われた。しかし、後半アディショナルタイム2分にMF岩尾憲が値千金の決勝ゴールを決め、徳島が3-2で劇的勝利。5試合ぶりの白星を飾った。一方、栃木は7試合未勝利(3分4敗)となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第12節3日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP