beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京Vが6戦ぶり白星!佐藤がビューティフルFK弾、飛び級昇格の山本がデビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF佐藤優平が決勝点

[5.5 J2第12節 東京V 2-1 長崎 味スタ]

 J2リーグは5日、第12節3日目を行った。味の素スタジアムでは東京ヴェルディV・ファーレン長崎が対戦。MF佐藤優平のFK弾が決勝点となり、東京Vが2-1で競り勝って6試合ぶりの白星を飾った。一方、長崎は5試合ぶりの黒星を喫した。

 3試合連続引き分けで、6試合勝利から遠ざかっている東京V(4分1敗)。先月28日の岡山戦(1-1)からDF李栄直に代え、DF近藤直也を起用した。4試合無敗(2勝2分)の長崎は、鹿児島戦(0-0)から3人を変更。DF高杉亮太が今季リーグ初出場、FW{畑潤基}}は初先発、MF島田譲は6試合ぶりの先発となった。

 先手を取ったのは東京Vだった。前半4分、右サイドからMF渡辺皓太がクロスを送ると、MF藤本寛也が頭でフリック。これに反応したMF小池純輝が右足ボレーで合わせ、早々に先制した。

 1点ビハインドの長崎は前半22分、左サイドからDF香川勇気が鋭いクロスを送り、FW畑潤基がヘディングシュート。決定的なシーンだったがわずかにゴール右に外れてしまう。さらに38分、アディショナルタイム1分に畑がシュートを放つが、ともにGK上福元直人のファインセーブに阻まれ、前半は0-1で終えた。

 東京Vは後半6分、PA手前やや右でFKを獲得。ゴールまでの距離は21m。キッカーのMF佐藤優平が右足を振り抜くと、壁が割れたところを抜け、美しい軌道を描いたボールがゴール右隅に吸い込まれ、2-0とリードを広げた。

 2点を追う長崎は後半9分にMF吉岡雅和、23分にFW呉屋大翔、27分にFWイ・ジョンホを投入。すると34分、MF大竹洋平の右CKから香川がヘディングシュートを放つ。これはDF平智広にブロックされるが、ゴール前にこぼれたボールを香川自ら押し込んで1点を奪い返した。

 1点差とされた東京Vは後半39分、2枚目の交代カードでMF渡辺皓太に代えてMF山本理仁を投入。飛び級でトップチームに昇格した17歳MFがプロデビューを果たした。後半アディショナルタイム1分にはDF亀川諒史のシュートが左ポストを叩いたが、試合はそのまま2-1で東京Vが逃げ切った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第12節3日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP