beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ザルツブルク、リーグ6連覇で国内2冠達成!! 南野は在籍5年すべてでリーグ制覇を経験

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグ6連覇を達成したザルツブルク(写真は4月7日のもの)

[5.5 オーストリア・ブンデスリーガ第29節 オーストリア・ウィーン1-2ザルツブルク]

 オーストリア・ブンデスリーガ第29節が5日に行われ、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクオーストリア・ウィーンのホームに乗り込み、2-1の逆転勝利を収めてリーグ6連覇を達成した。先発出場した南野はフル出場を果たし、在籍5年目もリーグ優勝を経験することになった。

 前半はオーストリア・ウィーンにゴールを脅かされる場面を作られながらもGKチチャン・スタンコビッチの好セーブなどでしのいでスコアレスで折り返す。後半18分にはザルツブルクがゴールに迫り、カウンターからFWパトソン・ダカが抜け出して強烈な右足シュートを放つが、相手GKに弾き出されてしまった。

 すると後半21分、CKのこぼれ球に反応したMFドミニク・プロコプに右足ボレーで豪快に決められ、オーストリア・ウィーンに先制を許してしまう。しかし同37分、左サイドからMFハンネス・ボルフが中央に出したボールをFWモアネス・ダブールがワンタッチで縦に送ると、パスを受けたMFザベル・シュラーガーがネットを揺らしてザルツブルクが試合を振り出しに戻した。

 さらに、同点に追い付いて勢いに乗ったザルツブルクは後半41分、ボルフがPA外から鮮やかな左足ミドルでゴールを陥れ、2-1の逆転勝利。オーストリア・カップに続いてリーグ戦を制し、国内2冠を達成した。

●海外組ガイド

TOP