beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ] “マイナス”からスタートした東福岡、苦しみながらも初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

東福岡高はMF楢崎海碧の活躍などで初勝利

[5.4 球蹴男児U-16第2節 宮崎日大高 1-2 東福岡高 大津町運動公園陸上競技場]

 4日、「2019 球蹴男児U-16リーグ」Division1は第2節5試合を行った。昨年2位の東福岡高(福岡)は昇格組の宮崎日大高(宮崎)に2-1で勝利。今季初勝利を飾った。

 東福岡の指揮を執った平岡道浩コーチは「辛抱強く一からやらないといけない。まだマイナスですね、まずゼロまで持っていくこと」と厳しかった。東福岡は正確なキックを操るMF向井貴都やMF衛藤遥希が存在感のある動きを見せてボールを保持していたが、全体的にパススピードが上がらず、判断悪くボールを失うシーンも増えるなどサイドを有効活用できていなかった。

 前半は最後のところでGK羽間友基やCB和田俊星に跳ね返されるなど宮崎日大の守りをこじ開けることができずに0-0で終了。後半もセットプレーなどからゴールに迫るものの、なかなか1点を奪うことができなかった。

 それでも後半14分、MF楢崎海碧が左サイドからカットインしてシュートに持ち込もうとする。ここで宮崎日大DFがPA内で痛恨のハンド。キッカーの楢崎が右足で右隅に決めて先制点を奪った。

 前半途中から投入されてサイド攻撃に推進力をもたらしていた楢崎は「自分の強みは前の推進力や前でのキープ力、ゴールを目指す姿勢。そういうところです。チームが苦しんでいる時とか、点が欲しい時にしっかりと点を獲れるようにやっていきたい。岩崎悠人選手や大迫勇也選手を意識しています」と語るアタッカーがチームに待望の1点をもたらした。

 東福岡は34分にも交代出場のMF緒方心太郎が追加点。宮崎日大は38分に交代出場のMF兼本夢歩が1点を奪い返し、攻撃姿勢を強めたが、同点に追いつくことができなかった。

 東福岡は前日の熊本国府高戦を1-2で敗戦。楢崎は「やっぱり昨日の負けを受けて宿舎とかでもピリピリしていて『明日の試合はやってやろう』となっていた」と振り返る。必勝を期して臨んだ一戦を制したが、まだまだ不満の内容。だが、楢崎が「圧勝したい」と意気込んでいた日章学園高との第3節(5日)を楢崎の活躍などによって3-0で快勝した。

 黒星スタートからプライドを持って戦い、2連勝を飾った“赤い彗星”東福岡。チームのベースを高めながら、初優勝へ向けて巻き返していく。

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP