beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ] 宮崎日大MF野村、先輩たちが上げてくれたD1残留、上位進出を誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎日大高MF野村皐月がドリブルで仕掛ける

[5.4 球蹴男児U-16第2節 宮崎日大高 1-2 東福岡高 大津町運動公園陸上競技場]

 宮崎日大高は開幕戦で3連覇中の大津高、第2節でも前回2位の東福岡高に食らいついた。だが、いずれも後半に突き放されて敗戦。MF野村皐月は「前半から相手にボールを握られる時間が多くて、自分たちのチャンスを作れる時間が少なくて苦しい時間が続きました。やれることもあったけれど、細かいミスも多くて自分たちのできることがあまりできていなかった」と悔しがった。

 野村はサイドからのドリブルや抜け出しで相手DFを突破するMF。この日は個人としてもボールを要求して仕掛けなければならなかったと反省する。宮崎日大中でもチームメートだったMF四本真輝らによる組み立てから、自分はより、ボールを受けてドリブル、パスで崩していくことを目指す。

 東福岡戦は敗れたものの、期待のMF兼本夢歩のゴールで1点返して次につなげたことは前向きだった。続く第3節(5日)は大津高を破っている筑陽学園高にFW大向井凌雅とMF兒玉圭太のゴールによって逆転勝ち。Division1昇格チームは3戦目で初勝利を挙げた。

 野村は「(球蹴男児U-16リーグでは)去年せっかく先輩たちが1部リーグに上げてくれたので、日大という名に恥じないように、降格しないように上位に食い込めるように戦っていくこと。3年間の目標は日章に勝って県のトップに立ちたいです」と誓った。2年後の第100回選手権は自分たちの世代が必ず宮崎の頂点へ。そのために3年間、意識高くトレーニングを続ける。

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP