beacon

シティが連覇王手!主将コンパニの驚愕ミドルで13連勝を飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

驚愕のミドルシュートを決めたビンセント・コンパニ

[5.6 プレミアリーグ第37節 マンチェスター・C 1-0 レスター・シティ]

 マンチェスター・シティは6日、プレミアリーグ第37節でFW岡崎慎司の所属するレスター・シティと対戦し、1-0で勝利した。12日に行われる最終節ではアウェーでブライトンと対戦する。

 連覇を狙うシティは、今節の試合を終えているリバプールと勝ち点2差で暫定2位。勝てば連覇に王手だが、敗れれば一気に形成は逆転する。ホーム最終戦を白星で終えたいシティは、先月28日のバーンリー戦(1-0)から1人変更。MFレロイ・サネに代えてMFフィル・フォーデンを起用した。

 当然のようにシティが主導権を握るが、集中した守備からカウンターを狙うレスター相手になかなか決定機を作り出せない。前半32分、左CKからMFイルカイ・ギュンドアンがゴール前に蹴り込み、ニアでFWセルヒオ・アグエロが頭で合わせたが、クロスバーを直撃。前半10本のシュートを浴びせるも、枠内シュートは2本にとどまった。

 後半も押し込む展開が続くシティ。後半11分、フォーデンに代えてサネを投入し、攻勢を強める。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場に可能性を残しているレスターは、後半18分にDFハリー・マグワイアが左サイドを駆け上がり、PA手前からMFジェームス・マディソンが右足を振り抜いたが、わずかにゴール右に外れ、先制とはならなかった。

 シティは後半24分、MFダビド・シルバのパスをギュンドガンがダイレクトでPA中央へ送ると、相手がクリアできずにアグエロにつながり、右足シュートを放つがGKカスパー・シュマイケルのファインセーブに遭う。

 それでもシティは後半25分、敵陣中央やや右でDFエメリク・ラポルトのパスを受けたDFビンセント・コンパニが相手のプレスが甘いとみるや、思い切りよく右足を振り抜く。強烈なミドルシュートがゴール右隅に突き刺さり、シティが先制した。

 1点ビハインドのレスターは後半30分にMFハービー・バーンズ、35分にFWケレチ・イヘアナチョ、40分にMFデマライ・グレイを投入し、同点を目指す。42分にはイヘアナチョがゴールに迫ったが、決めることができず、そのままタイムアップ。シティが1-0で逃げ切り、13連勝を飾った。

 なお、今季限りでの退団を表明している岡崎はベンチ外。最終節はホームでチェルシーと対戦する。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP