beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

井手口陽介が途中出場!右膝後十字靭帯断裂から218日ぶり復帰

このエントリーをはてなブックマークに追加

井手口陽介が218日ぶりに公式戦復帰

 長期離脱していたグロイター・フュルトのMF井手口陽介が、218日ぶりに公式戦復帰を果たした。

 昨年9月30日のブンデスリーガ2部第8節ディナモ・ドレスデン戦で負傷交代し、右膝後十字靭帯断裂で離脱していた井手口。4月14日の第29節ボーフム戦でベンチ入りを果たすも、ここまで出番はなかった。

 6日に行われた第31節ケルン戦でもベンチスタートとなったが、後半開始から途中出場。ついに復帰を果たした。クラブ公式ツイッター(@kleeblattfuerth)は「あれから7か月、井手口が帰ってきた!陽介おかえり」とツイートした。

 なお、試合はケルンが4-0で完封勝利。2部優勝と来季の1部昇格を決めている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP