beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

感極まるクロップ「罰金を払ってでも言わないといけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大逆転劇を演じたリバプール

[5.7 欧州CL準決勝 リバプール4-0バルセロナ]

 リバプール(イングランド)は7日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝第2戦でバルセロナ(スペイン)を本拠地アンフィールドに迎え、4-0で勝利した。2試合合計4-3と逆転し、2年連続で決勝進出。試合後のユルゲン・クロップ監督のコメントを英『ミラー』が伝えている。

 1日に敵地カンプ・ノウで行われた第1戦を0-3で落としたリバプール。第2戦はビハインドに加え、FWモハメド・サラーやFWロベルト・フィルミーノを欠く苦しい状況だったが、前半7分にFWディボック・オリギが均衡を破ると、後半9分と同11分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが決め、2戦合計3-3とスコアをタイに戻す。

 そして後半34分、右CKからDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが見事なクイックリスタートを見せ、ゴール前でフリーのオリギが右足で合わせて逆転ゴールを奪取。合計スコア4-3とし、大逆転でファイナルへと駒を進めた。

 英『ミラー』によると、クロップ監督は試合後の会見でも感情の高ぶりが収まらない様子だったという。一人一人の選手がヒーローだったと主張し、「私はそれを言って罰金を払うことになっても構わない。彼らは(『F』で始まる過激ワードを付けて)メンタルの怪物だ」と、3点差をひっくり返した不屈の精神を称えた。

 また、決勝点が生まれた瞬間については「誰がCKを蹴ったのか、誰が得点したのか分からなかった」と告白。「我々は世界一のチームと対戦した。勝つのが難しい相手だが、クリーンシートで勝利することができた。信じられないことだよ」と“アンフィールドの奇跡”を喜んだ。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP