beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“恩返し”弾の横浜FM李忠成「ミシャのおかげで日本代表にも入れたし、海外にも行けた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍後初ゴールを決めたFW李忠成

[5.8 ルヴァン杯A組第5節 札幌0-4横浜FM]

 全治2か月の負傷を乗り越え、ようやく決まった移籍後初ゴール。横浜F・マリノスFW李忠成が試合後のフラッシュインタビューに応じ、「とにかくマリノスのためにゴールを取りたいという気持ちで加入して、こんなに長い時間決められなくて自分自身つらかった」と心境を明かした。

 1-0で迎えた後半14分、正確な技術と果敢な姿勢が生んだ“らしい”ゴールだった。MF大津祐樹からの折り返しをニアで受け、「思い通りのところに止められた」というトラップから左足一閃。ボールがネットに突き刺さると、代名詞の弓矢ポーズで敵地札幌に集まったサポーターの心を射抜いた。

 李は今季、浦和から横浜FMに加入。開幕からジョーカー起用で存在感を放っていたが、3月下旬の練習中に左橈骨を骨折し、全治約2か月と診断された。腕の負傷だったため早期に復帰するも、この日が負傷後初めての先発出場だった。

 また、この日は広島、浦和で共に時を過ごしたペトロヴィッチ監督が相手。「ミシャのおかげで僕は育って、日本代表にも入れたし、海外にも行けた。彼のおかげでキャリアも積み重ねてこられた。自分のプレーを彼の前でゴールという形で、彼にとってはつらいかもしれないけど、僕自身はうれしかった」。そんな“恩返し”への思いも明かした。

 4得点ゴールラッシュで首位を奪った横浜FMはグループリーグ突破に王手。ゴール量産を誓った李は「去年このチームは決勝まで行って、悔しい思いをしているのを僕はテレビで見ていた。一つタイトルを取ればタイトルを取るくせがつく。タイトルに一番近いので、昔の強いマリノスを見せられればと思います」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●ルヴァン杯2019特設ページ
●[ルヴァン杯]GL第5節 スコア速報

TOP