beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「最も過小評価されていた」レスターがFW岡崎の退団を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

退団が発表されたレスター・シティFW岡崎慎司

 レスター・シティは8日、公式サイトを通じて、FW岡崎慎司が今季限りで退団することを正式発表した。同クラブでは135試合で19得点を記録し、2015-16シーズンにはプレミアリーグ優勝という歴史に残る偉業を成し遂げた。

 クラブは同じく優勝メンバーのDFダニー・シンプソンの退団も発表。「これからも別のクラブでプレーするが、レスター・シティの不可能を可能にした業績は永遠に尊敬されるだろう」と称えた。

 岡崎は15年、マインツからレスターに加入。「疲れを知らないランニングと運動量はチームの攻守をつないでいた。かの有名なタイトル獲得において最も重要であり、最も過小評価されていた役割の一つを務め、チームは彼に大きく頼っていた」と紹介されている。

 12日に行われるプレミアリーグ最終節のチェルシー戦では、本拠地キングパワースタジアムで退団セレモニーが行われる予定。公式サイトでは「レスターは次のステップでの成功を祈っている。彼らはキングパワースタジアムで相手選手として、そしてクラブの友人として、永遠に歓迎され続けるだろう」とメッセージが送られた。

 岡崎は同日、自身の公式ツイッターで声明を発表。「この素晴らしいクラブの一員になることができてとても光栄に思っている。素晴らしい思い出を忘れない。私を受け入れてくれたファミリーの一員としてすべての人に感謝します」と感謝を述べた。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP