beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

唯一の前回大会経験者、田川は自身2度目のU-20W杯へ「プレーで勢いづけたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台戦に先発したFW田川亨介

[5.8 ルヴァン杯グループB第5節 FC東京0-0仙台 秩父宮]

 FC東京FW田川亨介はルヴァン杯仙台戦に先発出場したが、不発に終わった。「ゴールを取るしかないという気持ちで入った」。その気合はうまく作用せず、後半13分、裏へのボールに猛スピードで抜け出すと、GK関憲太郎と激しく衝突。両者がピッチに倒れ込んだ。

 関は負傷交代となり、警告を受けた田川も後半23分にベンチに下がった。試合後は「チームに貢献できなかった、チャンスをつかめなかった。悔しさはあります」と率直に話した。

 試合前日、U-20W杯に臨むU-20日本代表メンバーが発表され、ポーランド行きが決まった。「久保くんがいないというのもあるけど、彼らの分までやるしかない。また頑張ります」。A代表初招集が見込まれるFW久保建英(FC東京)、MF安部裕葵(鹿島)、GK大迫敬介(広島)はメンバー外。DFリーダーの橋岡大樹(浦和)、GK谷晃生(G大阪)も負傷のため大会に間に合わず、選外となった。

 そうした“逆境”の中で大会に臨むことになったが、だからこそ、一体感を持って戦うしかない。「気持ちを出すしかないと思う」。田川はチーム最年長の一人で、久保が抜けた今、前回大会を知る唯一のメンバーとなった。「普段はあまり喋る方じゃないですが、プレーでみんなを勢いづけたいと思っています」と覚悟を語った。

(取材・文 佐藤亜希子)

●U-20ワールドカップ2019特集ページ
★J SPORTSオンデマンドならFIFA U-20ワールドカップ全試合LIVE配信!
●ルヴァン杯2019特設ページ

TOP