beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CLとEL決勝は“英国対決”に!プレミアリーグ勢が史上初の快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加

CLとELの決勝はプレミアリーグ対決に

 2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)とヨーロッパリーグ(EL)のファイナリストは、すべてプレミアリーグ(イングランド)のチームとなった。データサイト『オプタ』によれば、欧州カップ戦で同じ国から4チームが決勝に進むのは史上初めてのことだという。

 欧州CLは連夜の大逆転劇となった。第1戦を0-3で落としたリバプールは、バルセロナ相手にホームで4得点を奪取。2試合合計4-3で奇跡の突破を果たした。アヤックスと戦ったトッテナムはホームで0-1で敗れ、アウェーでの第2戦でも一時は2試合合計0-3と追い込まれた。それでもMFルーカスのハットトリックを達成し、アウェーゴール差でクラブ史上初の決勝進出を決めた。

 ELではアーセナルバレンシアを連破。2試合合計7-3で1999-2000シーズン以来19年ぶりのファイナルに駒を進めた。MF長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦したチェルシーは第1戦、第2戦ともに1-1で延長戦に突入。そのままPK戦にもつれこんだが、GKケパ・アリサバラガの活躍によりPK4-3で勝利をおさめた。

 なお、EL決勝は今月29日にバクー・オリンピックスタジアム(アゼルバイジャン)で開催。欧州CL決勝は6月1日にエスタディオ・メトロポリターノ(マドリード)で行われる。

【EL決勝】
(5月29日、バクー)
チェルシー 28:00 アーセナル

【CL決勝】
(6月1日、マドリード)
トッテナム 28:00 リバプール

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP