beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東大会予選]韮崎は5試合1失点で山梨制覇!CB内田 「全員でカバーしながら守り切れた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韮崎高のDFリーダー、CB内田歩(左)とCB清水悠生

[5.10 関東高校大会山梨県予選決勝 日本航空高 0-1 韮崎高 中銀スタ]

「攻められる時間帯が長かったんですけれども、今大会はチーム一丸となって、チーム全体でカバーしながら戦うというスタンスで戦うことができました。全員でカバーしながら守り切れたので嬉しかったです」

 韮崎高のDFリーダー、CB内田歩(3年)は素直に決勝での完封勝利を喜んでいた。今回の関東大会予選は5試合を戦って、山梨学院高に奪われた1点のみ。内田は守備面での取り組みの「成果」が出たことに自信を得た様子だった。

 この日はサイド攻撃を軸とする日本航空高と対戦。だが、韮崎は右の長澤新志(3年)と左の萩原大翔(2年)の両SBが簡単には良いクロスボールを上げさせず、中央は「CB2人が絶対にやらせないというスタンスで声かけながら真ん中を固めていました。最後、一番後ろにいる人間としても身体を張るところは絶対に手を抜いたらいけないし、そこは自分たちの仕事だと思っていた」という俊足CB内田とCB清水悠生(3年)が責任感を持って弾き返した。そしてGK保坂拓哉(2年)のファインセーブもあって1-0で勝利。ただし、内田はDF陣だけで掴んだ完封勝利ではないことを強調する。

「前線からかなりハイプレスで追ってくれるので、相手のDFラインから簡単に良いボールが出てこないということと、(DFラインが)弾いたあともボランチが戻してくれて、セカンドの反応というのも意識している。自分たちは弾いたあとに助けてもらったりしていましたし、『前線と中盤の運動量あっての守備だった』」

 決勝では連戦の疲労もあってなかなか攻撃面での良さが出なかったが、その中で守備の安定が光った。副主将の内田はこの優勝からさらに前進できるように、ポジティブな声がけを続けていく構え。個とチームの守備をよりレベルアップさせて関東大会、インターハイ予選に臨む。
 
(取材・文 吉田太郎)

TOP