beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

コイッチJ初ゴールの東京V、今季初の2連勝!! 福岡との5発打ち合い制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京Vが今季初の2連勝

[5.11 J2第13節 東京V 3-2 福岡 味スタ]

 J2リーグは11日、第13節を行い、味の素スタジアムでは東京ヴェルディアビスパ福岡と対戦した。計5ゴールが生まれた打ち合いは東京Vが3-2で競り勝ち、今季初の2連勝を飾った。

 ホームの東京Vは前節の長崎戦(○2-1)から先発1人を変更し、FW端戸仁に代わってFWネマニャ・コイッチが1トップに入った。対する福岡は前節から3人を入れ替え、出場停止明けのDF石原広教とDF輪湖直樹が復帰。MF前川大河も4試合ぶりにスタメンに戻った。[スタメン&布陣はコチラ]
 
 東京Vが幸先良く試合を動かした。前半10分、FWネマニャ・コイッチのポストプレーで右サイドを抜け出したMF藤本寛也がじりじりとエリア内に入り、スルーパス。MF渡辺皓太がPA内右からマイナスに戻し、コイッチが右足を振り抜くと、カバーを試みた相手DFに当たってコースが変わったボールがクロスバーを叩き、ゴールラインを割った。

 今季、FCオルダバス(カザフスタン)から完全移籍で加入したセルビア人がJ初ゴール。福岡も押し返し、前半33分、PA左を縦に仕掛けたDF輪湖直樹が左足で美しいクロスを供給。FWヤン・ドンヒョンがヘッドで叩き込み、試合を振り出しに戻した。

 試合は打ち合いの様相を呈す。東京Vは前半45分、スルーパスで左サイドを突破したDF奈良輪雄太がゴールライン際からクロス。ニアサイドのコイッチには合わず、抜けてきたボールにMF小池純輝が反応。ターンから素早く右足を振り抜き、ゴール左下隅に突き刺した。

 2-1で折り返した後半もオープンな展開になり、まずは東京Vが攻め立てる。後半4分、渡辺のボール奪取からカウンターを発動。コイッチとのワンツーからMF佐藤優平がフィニッシュに持ち込んだが、これはGKセランテスが右手一本で阻んだ。

 それでも次のチャンスは仕留めた。後半12分、サイドチェンジを受けた藤本がタメをつくってスルーパス。PA内左を抜け出した奈良輪が石原を振り切ってクロスを入れると、DFウォン・ドゥジェに当たったボールがゴールマウスに吸い込まれた。

 幸運なオウンゴールでリードを2点差に広げた東京V。福岡もミスを取り返すように後半17分、PA左手前の位置でパスを受けたMF鈴木惇が寄せが甘いと見るや、左足を一閃。ミドルシュートがそのままネットに吸い込まれ、再び1点差。互いに交代カードを切ったが、スコアは動かず、福岡は2-3で敗れた。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第13節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP