beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルン今節で7連覇決めらず…ドルトムントと勝ち点2差で最終節へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝争いは最終節に持ち越しとなった

 ブンデスリーガは11日、第33節を行い、バイエルンライプツィヒと0-0で引き分け、今節で優勝を決められなかった。

 前節終了時点で2位ドルトムントとの勝ち点差は「4」。ドルトムントはFW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦し、3-2で競り勝った。

 バイエルンは勝利すれば前人未到の7連覇を達成できたが、ゴールをこじ開けられず、スコアレスドロー。優勝争いは最終節に持ち越しとなった。

 デュッセルドルフの宇佐美はベンチ外だった。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP