beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

来日初ゴールの東京Vコイッチが“MOM”を指名「This is 奈良輪マシーン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サポーターに挨拶するFWネマニャ・コイッチ

[5.11 J2第13節 東京V 3-2 福岡 味スタ]

 打ち合いの口火を切る先制ゴールだ。今季、FCオルダバス(カザフスタン)から完全移籍で東京ヴェルディに加入したセルビア人FWネマニャ・コイッチがJ初ゴールをマークした。

 前半10分、コイッチのポストプレーから右サイドを抜け出したMF藤本寛也がエリア内に入り、MF渡辺皓太にスルーパス。渡辺がPA内右からマイナスに戻し、コイッチが右足を振り抜くと、相手DFに当たって軌道が変わったボールがクロスバーを叩き、ゴールラインを割った。

 来日初ゴールを挙げ、歓喜のゴールセレブレーション。「家族への愛を表した。遠く日本の地まで来てくれて、今一緒に毎日サポートをしてくれているので、それに対する愛を示したかった」。

 汚名返上の一撃だった。この日はFW端戸仁に代わって1トップを務め、2試合目のスタメンとなった。初先発した第10節新潟戦(1-1)は前線で孤立。前半のみでベンチに下がると、後半頭から入った端戸が流れを変え、しっかりとゴールも奪っていた。

「とにかく自分自身を信じて、一日一日を大切にしてトレーニングすることを意識した。チャンスを生かすことは意識した」。2点目はDF奈良輪雄太の左クロスがコイッチに合わず、抜けたボールをMF小池純輝が沈めた。3点目も奈良輪がコイッチに入れたクロスをDFウォン・ドゥジェがクリアし、これがオウンゴールにつながった。

「『This is 奈良輪マシーン』。奈良輪マシーンと呼んでいる。いいクロスを入れてくれたのがオウンゴールになった。彼がマン・オブ・ザ・マッチかなと思っています」。冗談交じりに仲間を称え、今季初の2連勝を喜んだ。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第13節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP