beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

無敗ジンクス継続同士の対決は琉球に軍配! 首位水戸は今季13試合目で初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球が首位の水戸を下した

[5.11 J2第13節 琉球1-0水戸 タピスタ]

 J2第13節が11日に開催され、9位FC琉球はホームで首位水戸ホーリーホックと対戦し、1-0の完封勝利を飾った。前半8分に決まったFW鈴木孝司のゴールが決勝点。リーグ戦9試合ぶりの白星を手にし、ホーム無敗記録を28試合に伸ばした。

 J2で唯一無敗をキープしている水戸に対し、J3時代の2017年9月からホーム27試合連続負けなしでJリーグ記録を更新中の琉球。前半8分、左サイドのDF徳元悠平が左足でピンポイントクロスを送り、マークを外した鈴木がヘッドで叩き込む。得点ランク首位に立つ鈴木の7試合ぶりとなる今季9ゴール目で、ホームの琉球が先制した。

 琉球はリードした後もボールを支配し、優勢にゲームを進めていく。追いかける水戸は10番MF木村祐志が負傷するアクシデントに見舞われ、前半38分にMF浅野雄也と交代。前半はそのまま終了となった。

 後半も相手にペースを渡さない琉球。後半27分には徳元が敵陣中央でこぼれ球を拾い、ドリブルから左足で右ポスト直撃のシュートを放つ。

 一方、反撃を試みる水戸も徐々にチャンスを増やす。後半34分、浅野が自陣左サイドからドリブルで駆け上がり、PA内左から左足でシュート。しかし、GKカルバハルの好セーブに遭う。

 後半39分にはMF黒川淳史のシュートがカルバハルに弾かれたところにFW清水慎太郎が詰めて右足で流し込むが、オフサイドの判定で得点は認められない。水戸は0-1で試合終了を迎え、今季13試合目で初黒星を喫した。明日12日に試合を行う勝ち点2差の暫定3位山形が勝利を収めると、首位から陥落する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第13節1日目 スコア速報

TOP