beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

完璧な試合運び!浦和に快勝名古屋が強すぎる!!開幕からホーム5連勝&5連続完封

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋が快勝した

[5.12 J1第11節 名古屋2-0浦和 豊田ス]

 名古屋グランパスがホームで浦和レッズを2-0で下した。5戦負けなしで勝ち点は23。ホームでは開幕から5連勝で、5連続完封勝利とクラブ記録を更新した。浦和はリーグ2連敗となった。

 完璧な前半で試合を決めた。ボールを奪われても敵陣で奪い返す積極的な守備をみせる名古屋は、ほとんどの時間でボールを保持し続ける。前半17分にはFWジョーのポストプレーからMFマテウスがエリア手前から強烈な左足。GK西川周作も反応しきれない弾丸シュートがゴールネットに突き刺さる。

 さらに名古屋は前半41分、左サイドのスローインからチャンスを作ると、MFガブリエル・シャビエルのクロスをDF宮原和也が頭で落とす。これをジョーが右足ボレーで合わせて追加点。同アディショナルタイムのFW長谷川アーリアジャスールが迎えた決定機は決めきることが出来なかったが、危なげない試合運びで名古屋が前半をリードして折り返す。

 また名古屋は積極的な選手交代で試合のリズムを浦和に握らせない。後半12分に長谷川に代えてMF前田直輝、同18分にはマテウスに代えてMF和泉竜司と前線をフレッシュにしてダメ押し点を奪いに行く。前田が右サイドから再三チャンスを演出するなど、浦和守備網を常に苦しめ続けた。

 攻撃陣もさることながら、今年の名古屋は守備も安定。ほとんど崩されることなく、試合を終わらせに行く。後半39分にはMF荻原拓也のパスからFW興梠慎三にシュートを打たれたが、GKランゲラックが好セーブで弾き出す。MFジョアン・シミッチとMF米本拓司の中盤の潰しも効果的。名古屋が完璧な試合運びで勝ち点3を積み上げた。 

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP