beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東大会予選]複数のマーク相手に奮闘した佐野日大FW若月「あそこを打開するようじゃないと…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

推進力のあるドリブルなどで相手の脅威となっていた佐野日大高FW若月尋

[5.12 関東高校大会栃木県予選決勝 佐野日大高 0-1 真岡高 足利総合運動公園陸上競技場]

 守備陣の頑張りに何とか応えたかった。佐野日大高FW若月尋(3年)が前線で存在感。ボールが入れば、ゴール方向へ前進し、DF1人、2人と抜きにかかっていた。

 特に前半、チームはリスクを負わずにクリアを優先していたため、彼の下にボールが入ってくる回数はわずか。それでも、DF1人、2人相手でもキープする若月を真岡高は警戒し、彼にボールが入ると2人、3人で囲んで奪おうとしていた。

 サポートの少ない状況で良くキープし、推進力十分のドリブルも見せていた若月だが、自身のプレーについては不満の表情。「チームが守備で頑張ってくれていたので」自分や3トップで相手の守りを打開して、先にゴールを奪いたいという思いがあった。だが、それを果たすことはできずに0-1で敗戦。後半はボールをロストするシーンも増えてしまった。

 それだけに、「(攻撃を牽引するべき存在の自分が)得点につながるプレーが上手くできなかったので、今後の課題にしていきたいです。(2人、3人に囲まれても)あそこを打開するようじゃないと上を見据えるには通用していかないと思うので、自分の実力不足ということを肝に銘じて練習していきたいと思っています」。複数のマークでも破る力を身につけることを誓っていた。

 今回の関東大会予選では準々決勝で2ゴール。準決勝でも1ゴールを決めてチームの勝利に貢献してきた。それでも、優勝するためにはよりゴールも、突破力も必要。「前で受けて、海外でいうとメッシ選手やアザール選手じゃないですけれどもドリブルを基準として得点を獲れる選手になりたいです」という若月が、ゴールでチームにタイトルをもたらす。
 
(取材・文 吉田太郎)

TOP