beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ロベリ”の後継者候補に…バイエルン、マンCアタッカー獲得に本腰

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンがリロイ・サネに注目

 今季限りで元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と、元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)が退団するバイエルン。その後継者としてマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFリロイ・サネ(23)に注目しているようだ。英『デイリー・レコード』が伝えている。

 2016年8月にシャルケからシティに加入したサネは、昨季プレミアリーグ32試合で10ゴール15アシストを記録。リーグ優勝に貢献するだけでなく、自身もPFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。今季も31試合で10ゴール10アシストを記録し、プレミア連覇に大きく貢献した。

 シティとサネとの契約は2021年までとなっているが、『デイリー・レコード』によると、サネは契約延長のオファーを何度も断っているとのこと。シティは残しておきたいと思いつつも、移籍金が取れなくなるリスクを考え、この夏の売却の可能性もあるという。

 バイエルンはシティとサネの移籍について交渉を開始。サネの代理人と交渉する許可を得たと見られている。すでにバイエルンは来季に向けて、アトレティコ・マドリーからフランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)、シュツットガルトから同代表DFベンジャマン・パバール(23)を獲得している。

●プレミアリーグ2018-19特集
●ブンデスリーガ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP