beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ディバラがユベントス退団を希望か? 兄「パウロは幸せじゃない。移籍の可能性は大いにある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

パウロ・ディバラ

 ユベントスに所属するパウロ・ディバラの兄は、同選手が今夏にクラブから離れたがっていると認めた。

 2015年夏にパレルモからユベントスに加入して以降、エース級の活躍を続け、4度のセリエA制覇に貢献したディバラ。しかし、昨夏にクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリーから加入したことで状況は一転する。今シーズン、ベンチを温める機会も増えた同選手は、リーグ戦で5ゴールのみと不振に陥るなど不本意な1年を送っている。

 ユベントスの日々に満足していないと考えられているディバラが今シーズン終了後に新天地を求めるのではないかとされる中、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に興味を持つと報じられている。そんな中、兄で代理人を務めるグスタヴォ氏はラジオ番組『Futbolemico』でアルゼンチン代表FWが退団を希望していると明かした。

「パウロがユベントスから離れる可能性は大いにある。彼には変化が必要だ。現段階で、彼が国外に行くのか、イタリアに残るのかを言うことはできない。以前、彼はイタリアで心地良さそうだったが、もうそのようには感じていない。他の多くのユベントスの選手たちがそうであるようにパウロもハッピーではない。ここから離れるのは彼だけではないはずだ」

 この番組内でディバラとロナウドとの関係についても問われたグスタヴォ氏は「ピッチの外でクリスティアーノとは何も問題はない。ただ、問題はピッチの上だ」とフットボールに関する面でポルトガル代表FWが影響していることを否定しなかった。さらに「彼はまだ若い。だからプレーしなければいけない」と移籍の意思があることを公にしている。

●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP