beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“失点”に悔しさ見せた西川「何が起きたのか分からなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズGK西川周作

[5.17 J1第12節 浦和-湘南 埼玉]

 一番近くで見ていた。ボールがゴールラインを割った瞬間を。だからこそ、浦和レッズGK西川周作は悔しそうな表情で、ボールをセンターサークルに向かって投げ返していた。

 2-0と浦和がリードして迎えた前半31分だった。MF杉岡大暉がPA外から放った左足シュートに対し、横っ飛びした西川だがボールに触れることはできず。ポストを叩いたボールは逆サイドのネットを揺らした。

 ゴールを奪われたと思った西川は「確実に入っていた。僕自身、次に切り替えていこうと声掛けをしていた」ものの、山本雄大主審はゴールを認めずにプレーは続行される。味方の選手が湘南ゴールに迫っていく姿を後方から見て、「なぜ、プレーがスタートしているのか理解できなかった。オフサイドだったのか、何が起きたのかさっぱり分からなかった」と振り返る。

 プレーが止まると湘南側は猛抗議するが、判定は覆らずにゴールは認められなかった。「レフェリーにジャッジは任せている」と答えた西川だが、「あれはしっかりとしたゴールだったと思う」と続けている。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP