beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUが19歳のフラムMF獲得へ動き…ニューカッスルの21歳MFにも関心か

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンUがフラムMFライアン・セセニョンを獲得か

 マンチェスター・ユナイテッドがホームグロウンの若手2選手の獲得に関心を持っているようだ。『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 今季、ジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で巻き返しに成功するも、終盤の大失速が響き、プレミアリーグ6位と不本意なシーズンを送ったユナイテッド。巻き返しを図るべく、今夏にメンバー刷新を敢行することが濃厚である同クラブは、すでに数名の選手へのアプローチを開始しているようだ。

 その中の1人がフラムのMFライアン・セセニョン。18日に19歳の誕生日を迎えたばかりの同選手は今季、プレミアリーグでデビューを果たすも、クラブは早々と降格が決まって来季はチャンピオンシップ(英2部)が主戦場となる。しかし、フラムMFは下部リーグでのプレーに前向きではない様子であり、今夏の退団を望んでいると考えられている。

 なお、10代で活躍を続けるセセニョンに対しては複数のクラブが関心を寄せる。トッテナムやユベントスも獲得に興味を持つと報じられているが、実際に現段階でフラムにアプローチしているのはユナイテッドのみであり、フラムも契約期間が残り1年に迫る同選手を手放す良い機会であると考えているようだ。

 また、ユナイテッドは、同じく今季にプレミアリーグデビューを飾ったニューカッスルのシーン・ロングスタッフにも関心を寄せる。しかし、ラファエル・ベニテス監督にとって新シーズン以降の重要な戦力になることが予想される21歳の同選手を売却する意思が同クラブにはないとされている。

 先日に「クラブにふさわしい選手だけを欲しい」と明かしたユナイテッドのスールシャール監督だが、今夏の移籍市場の手始めに若手選手を確保できるのだろうか。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP