beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

神戸守備陣を切り裂いた鮮烈ドリブル、横浜FM遠藤渓太「自分の良さが出た」

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FMのFW遠藤渓太は2アシストで勝利に貢献

[5.18 J1第12節 横浜FM4-1神戸 日産ス]

 今季最多となる4ゴールでヴィッセル神戸を退けた横浜F・マリノス。先制点、そして決勝点となった2点目という重要なゴールをアシストしたのが、左ウイングとして先発フル出場したFW遠藤渓太だ。「3トップの中では点になかなか絡めていなかったので、2つアシストをとれたのはよかったと思います」。会心の勝利の後、遠藤は安堵の表情を浮かべた。

 チームとしてだけでなく、個人としても結果を必要としていた。横浜FMは前節C大阪に0-3と完敗。遠藤は1点を追う展開ながらハーフタイムに交代を告げられていた。「ずっといいパフォーマンスができる選手なんていないと思います。だからこそ悪かった試合の後が大事なる」。そう整理したという21歳のFWは、アシスト以外にも左サイドから幾度もチャンスをつくり、見事勝利に貢献した。

 先制点の場面では、左サイドから中央へドリブルしてきた遠藤は、FWエジガル・ジュニオとMFマルコス・ジュニオールへのパスコースがある中で、マルコス・ジュニオールへスルーパス。マルコス・ジュニオールは右足で流し込んだ。「エジガル(・ジュニオ)が斜めに走ってくれた分スペースは空きましたし、いままでの自分だったらシュートを打っていたかもしれない。良い意味でまわりが見えてきているのかなと思います」と自身も手応えを感じている。

 そして「あれは完璧でしたね(笑)」と自賛したのが、FW李忠成にアシストした2点目だ。DFティーラトンのサイドチェンジをタッチライン際で受けると、DF大崎玲央を振り切ってペナルティエリアへ進入。神戸守備陣をひきつけたところで、GKキム・スンギュの足元を通してゴール前の李へ。李は押し込むだけだった。「マイナスに出していたら足に引っかかっていたと思いますし、あえて1個ためたのがよかったと思います」。

 その後、途中出場のMF三好康児が2得点を挙げてチームは快勝。「(2アシスト目は)自分の良さが出たシーン。でも今日は康児くんに全部かっさわれたかな(笑)」と遠藤は笑いを誘った。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第12節2日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP