beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ペップも容認? マンC若手アタッカーのバイエルン“ロベリ”後釜移籍は濃厚か

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリロイ・サネはバイエルン移籍か

 MFフランク・リベリとMFアリエン・ロッベンが退団するバイエルンは、その後釜候補としてマンチェスター・シティのドイツ代表FWリロイ・サネ獲得を狙っている。20日、英『ミラー』などが伝えている。

 プレミア連覇、そして国内3冠を達成したシティ。サネは今季公式戦で47試合に出場して計16ゴール18アシストを記録し、偉業に大きく貢献した。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督は23歳のウインガーを放出候補にしているという。

 バイエルンはチェルシーの18歳FWカラム・ハドソン・オドイにも関心を示していたが、オドイのアキレス腱断裂により再考。退団するリベリとロッベンの穴を埋めるためにサネに視点を変えた。サネは今季リーグ戦31試合のうち先発は21試合で10試合が途中出場。序列ではMFラヒーム・スターリングやMFベルナルド・シウバに次ぐ3番手となっており、グアルディオラ監督もサネの移籍は拒否していないという。

「来季に向けていくつか動かなければならないことがあるだろう。選手たちはプレーしたいものだ。少しの間だったら受け入れるだろうが、その期間が長かったらもっとプレーしたいと思うのは普通のことだ」

●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP