beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

京都橘と東山、洛北、桂がベスト4進出:京都

このエントリーをはてなブックマークに追加
 19日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の京都府予選準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

 2年連続出場を目指す東山高山城高と対戦し、3-0で完封勝利。準決勝に駒を進めた。2年ぶり夏の全国を狙う京都橘高は、FW梅津倖風とMF高木大輝のゴールにより京都産大附高を2-0で下した。また、洛北高は延長戦の末に大谷高に1-0で勝ち、桂高も久御山高との接戦を1-0で制して4強入りを果たした。

 なお、準決勝は今月25日に行われ、京都橘と洛北、東山と桂がそれぞれ決勝進出(6月2日)をかけて戦う。

[準々決勝](5月19日)
京都橘高 2-0 京都産大附高
洛北高 1-0(延長)大谷高
東山高 3-0 山城高
久御山高 0-1 桂高

[準決勝](5月25日)
京都橘高 vs 洛北高
東山高 vs 桂高


●【特設】高校総体2019

TOP