beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

母国復帰うわさのジルが残留へ…補強禁止濃厚のチェルシーが契約延長オプション行使か

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシー残留の噂があるFWオリビエ・ジル

 チェルシーがFWオリビエ・ジルの契約延長オプションを行使するようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

 昨冬にアーセナルからチェルシーに加入したジルだが、リーグ戦では途中出場が中心とカップ戦要員としての立場が続く。ヨーロッパリーグで10ゴールを記録し、チェルシーの決勝進出に貢献した同選手だが、今夏に母国フランスに復帰する可能性を以前から認めていた。また、各紙の報道によれば、リーグ・アンのニースやマルセイユ、リヨンなどが興味を示しているとみられている。

 しかし、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、ジルの残留を強く希望すると主張。さらにクラブも、今冬にローンで加入したFWゴンサロ・イグアインを買い取るかが不明ななか、今夏に契約満了を迎えるフランス代表FWとの延長オプションを行使し、来シーズンもチームの一員として引き留めることに前向きなようだ。

 そして、ジルとの契約延長を目指す背景には、国際サッカー連盟(FIFA)から科される可能性が濃厚な今夏から1年間にわたる補強禁止処分があるようだ。MFエデン・アザールの退団が決定的ともされるチェルシーにとっては、新規の選手登録を禁止された状態で、これ以上前線の選手の退団を認めるわけにはいかないと考えられているという。

 なお、チェルシーは今シーズン、すでにDFセサル・アスピリクエタ、MFエンゴロ・カンテ、MFマルコス・アロンソ、DFダビド・ルイスとの契約延長を成功させている。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP