beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

神戸が人件費44億円突破で断トツ1位、最下位の琉球は9900万円でJ3優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年度は更なる増加が予想される

 Jリーグは24日、3月決算のクラブを除く50クラブの18年度経営情報を開示した。MFアンドレス・イニエスタらが加入したヴィッセル神戸の人件費が記録的な大幅増となった。

 ただしイニエスタは昨年7月より加入のため半年分。FWダビド・ビジャは今年からの加入のため、今回の数字には計上されていない。そのため、19年度の人件費はさらに大幅に増えると予想される。

 全体では前年比73億円の増加。クラブ単位では38クラブが増加、10クラブが減少、2クラブが増減なしとなっている。

1.神戸 44億7700万円 (+13億7300万円)(J1)
2.浦和 31億1080万円 (+4億6400万円)(J1)
3.鹿島 31億800万円 (+7億7500万円)(J1)
4.名古屋 28億2300万円 (+9億8000万円)(J1)
5.鳥栖 26億7000万円 (+7億7100万円)(J1)
6.川崎F 26億1400万円 (+2億7500万円)(J1)
7.C大阪 23億3400万円 (0)(J1)
8.横浜FM 23億100万円 (+1億8300万円)(J1)
9.G大阪 21億9300万円 (▲1900万円)(J1)
10.FC東京 21億3300万円 (+1億2300万円)(J1)
11.大宮 19億1500万円 (+1億2300万円)(J2)
12.広島 18億6400万円 (+2億6200万円)(J1)
13.清水 18億1100万円 (+1億3100万円)(J1)
14.札幌 15億200万円 (+3億1200万円)(J1)
15.千葉 12億7200万円 (+9500万円)(J2)
16.仙台 12億3200万円 (+6700万円)(J1)
17.松本 11億4500万円 (+1億8900万円)(J2)
18.新潟 11億800万円 (▲1億1900万円)(J2)
19.徳島 9億5200万円 (+1億3800万円)(J2)
20.福岡 9億900万円 (▲9100万円)(J2)
21.長崎 8億1400万円 (+3億2000万円)(J1)
22.甲府 7億4700万円 (▲1億3600万円)(J2)
23.横浜FC 7億3400万円 (+2億100万円)(J2)
24.東京V 7億3300万円 (+1億6100万円)(J2)
25.京都 6億9200万円 (▲1億6000万円)(J2)
26.岡山 6億3800万円 (0)(J2)
27.山形 5億2400万円 (+8600万円)(J2)
28.大分 4億8200万円 (+1億1500万円)(J2)
29.山口 4億6800万円 (+6900万円)(J2)
30.熊本 4億円 (+4600万円)(J2)
31.岐阜 3億6500万円 (+4900万円)(J2)
32.栃木 3億5300万円 (+1億2400万円)(J2)
32.愛媛 3億5300万円 (+3700万円)(J2)
34.金沢 3億3100万円 (+2200万円)(J2)
35.讃岐 3億100万円 (▲4400万円)(J2)
36.長野 2億9300万円 (+1200万円)(J3)
37.北九州 2億8700万円 (▲2100万円)(J3)
38.町田 2億7800万円 (+5000万円)(J2)
39.水戸 2億7500万円 (+1400万円)(J2)
40.盛岡 2億6800万円 (+1億8100万円)(J3)
41.群馬 2億2300万円 (▲6900万円)(J3)
42.富山 1億9500万円 (▲500万円)(J3)
43.鹿児島 1億7900万円 (+4100万円)(J3)
44.秋田 1億4800万円 (+3400万円)(J3)
45.福島 1億2500万円 (+600万円)(J3)
46.藤枝 1億1900万円 (+6000万円)(J3)
47.沼津 1億1800万円 (+1800万円)(J3)
48.相模原 1億900万円 (+1700万円)(J3)
49.鳥取 1億600万円 (▲600万円)(J3)
50.琉球 9900万円 (+1800万円)(J3)

柏、湘南、磐田、YS横浜は3月決算のため、7月に開示を予定

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP