beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「自分次第で可能性は無限」。“成立グラウンドの主”MF藤原は努力でAチームの主軸に

このエントリーをはてなブックマークに追加

成立学園高の努力家、MF藤原進士郎

 成立学園高の太田昌宏監督は身長169cmの小柄なボランチについて、「ボクは“成立グラウンドの主”と呼んでいます」と微笑む。東京の強豪・FCトリプレッタジュニアユースから成立学園に進学した当初、MF藤原進士郎(3年)は1年生チームでもほとんど試合に出ていなかったという。だが、昨年、セカンドチームで頭角を現し、今年はボランチで先発。毎日最後まで自主練習を実施しているという努力家は今や、“成立グラウンドの主”と呼ばれる存在になっている。

 今年の成立学園は総合力がテーマ。そのチームの中で、藤原は数的優位を作るために誰より走って味方をサポートしている。特別なスピードも、強さも持っている選手ではないが、元日本代表MFの宮内聡総監督は「いつも一番走っているのは、彼」。その運動量がチームに欠かせないものになっていることは間違いない。

 藤原は成立学園のテンポの良いパスワークと崩しの質、運動量の多さ、そして攻守の切り替えの速さに憧れて進学。同校に進学して良かった点について、「(人工芝グラウンドやフットサルコートなど)環境は全然良いですし、自主練もできるし、そこですね。環境も整っているので自分次第で可能性は無限というか。パスとか壁もあっていつでもできるので、パススピードとかタッチの質とかはいくらでも上手くなると思うし、周りも上手いので自分も追いつけ追い越せでやってきました」と語っていた。その環境の中で身につけた力で今回、チームのインターハイ出場に貢献する。

「チームが始まった時から日本一をみんなで目指していて、個人としては、自分は全力を発揮するところが一番だと思うので、そういうところを見て欲しい。チームのパスワークや組織力で日本一を目指したいです」。“成立グラウンドの主”はどの試合でもチームのために走り続け、「攻守においてサボる人がいないので一体感がある」という仲間たちとともに、多くの白星を勝ち取る。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2019

TOP