beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

A代表初選出の広島MF松本泰志が決意「行くからには…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島MF松本泰志

[5.26 J1第13節 浦和0-4広島 埼玉]

 コパ・アメリカに臨む日本代表に初選出された。サンフレッチェ広島MF松本泰志は「より責任感が増した試合だったし、代表の名に恥じないプレーを心掛けた」と意気込んでピッチへと向かった。

 持ち場となる中盤の底にとどまるのではなく、「今日は(川辺)駿くんがバランスをとってくれて、攻撃に出る回数が増えた」と敵陣深くまで攻め上がる。前半終了間際にはPA内でシュートチャンスが訪れたものの、「西川(周作)選手がコースを消すのがうまかったので、どこを狙おうか迷っているうちに詰まった」と放ったシュートはゴールマウスを捉え切れず。そして後半5分には、「あんなドリブルをしたのは高校以来」という鋭い突破で左サイドから切れ込むなど、果敢にゴールに迫った。

 チームはリーグ戦5連敗だったが、4得点を奪うゴールラッシュを披露するだけでなく、浦和に得点を許すことなく試合を進め、4-0の完封勝利で6試合ぶりの白星を獲得。「連敗が続いた中での勝利は大きいし、今日は勝利につながるプレーができて良かった」と白い歯を見せた。

 コパ・アメリカには東京五輪世代が中心となって臨むことになるが、FW岡崎慎司やGK川島永嗣ら経験豊富な選手も選出されており、「間近で柴崎(岳)選手のプレーを学べるのは自分の成長にもつながると思うし、吸収できるものは吸収して帰ってきたい」と同じボランチでプレーするMF柴崎岳から多くのものを学び、自らの成長につなげていこうとしている。

 初のA代表選出に「素直に嬉しい」と頬を緩めつつも、「試合に出られなければ話にならない」と表情を引き締めると、「行くからには自分らしいプレーを出したい。運動量豊富にピッチを動き、最近向上している守備の部分を見せながら攻撃の基点になれるように頑張りたい」と力強く語った。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP