beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本代表FW上田綺世、無得点も敵将都並氏は脱帽「思ったより強いし、高い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表に選ばれたFW上田綺世(左)。右はブリオベッカ浦安の都並敏史監督

[5.26 天皇杯1回戦 ブリオベッカ浦安0-1法政大 フクアリ]

 コパ・アメリカ(南米選手権)を戦う日本代表に選出された法政大のFW上田綺世(3年=鹿島学園高/鹿島内定)が発表後初の公式戦に臨んだ。

 天皇杯1回戦のブリオベッカ浦安(千葉)戦に先発した上田は、激しいマークに遭いながらも後半10分、得意のヘディングで決定機を演出。惜しくもポストを叩いてゴールとはならなかったが、その存在感だけで相手DFを疲弊させた。

 敵将語った評価がすべてを物語る。ブリオベッカ浦安を指揮する元日本代表の都並敏史氏は、先週末の関東リーグ1部の法政大対明治大の一戦を直接視察。注目FW対策をしっかりと立てて臨んでいた。

 しかし実際試合をしてみると、「思ったより強いし、高い」という感想を持ったという。得点こそ与えることはなかったが、「今までうちのDFラインがあれほど負け続けたことはない」とそれ以上のインパクトが残った様子。主将DF秋葉勇志も「いろんなボールでも集まる。いいボールを入れさせないようにしようと話していたが、後手に回るシーンが多かった」と同様の印象を語っていた。

 評価を伝え聞いた上田も「相手に嫌がってもらえたのなら、そういう動きが出来たのであれば良かった」と素直に受け止める。シュートがポストを直撃したシーンについては、「あれを叩けるようにならないといけない。改善の余地はある」と反省したが、前線からの積極的な守備で勝利に貢献したとあって、「チームのために何ができるか、ゴールこそ取れなかったですけど、全うできたのかなと思います」と充実の汗をぬぐっていた。

(取材・文 児玉幸洋)
●第99回天皇杯特設ページ●[天皇杯]1回戦2日目 スコア速報

TOP