beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーに大打撃…“不動のダイナモ”が膝負傷でEL決勝に暗雲

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンゴロ・カンテが膝を負傷か

 チェルシーにとって大打撃だ。フランス代表MFエンゴロ・カンテ(28)が膝を負傷したと、英『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 29日にアーセナルとのヨーロッパリーグ決勝を控えているチェルシー。同紙によると、25日のトレーニング中にカンテが膝を負傷し、ELに向けて暗雲が立ち込めている。

 無尽蔵のスタミナ、ボール奪取力が魅力のカンテは、今季公式戦52試合で5ゴール4アシストを記録。今月5日のプレミアリーグ第37節ワトフォード戦でハムストリングを負傷し、アーセナル戦での復帰を目指しているところだった。

 チェルシーはプレミアリーグ終了後に行われたニューイングランド・レボリューションとのフレンドリーマッチでMFルベン・ロフタス・チークがアキレス腱を断裂。さらにFWカラム・ハドソン・オドイとDFアントニオ・リュディガーも怪我により離脱している。

 なお、2012-13シーズン以来6年ぶりの優勝を目指すチェルシーは、27日に決勝の地アゼルバイジャンへ出発する。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP