beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]関学大が阪南大に逆転5発、立命大は3点ビハインドから追いつき大産大とドロー:前期第9節延期分

このエントリーをはてなブックマークに追加

関西学院大が大量5得点で勝利

第97回関西学生サッカーリーグ1部


 第97回関西学生サッカーリーグ1部の前期第9節延期分が29日に行われた。関西学院大阪南大と対戦して5-1で勝利。得失点差でびわこ成蹊スポーツ大を上回り、順位を3位から2位に上げている。

 関学大と立命館大が天皇杯1回戦に出場したため、延期されていた第9節2試合が29日に開催。26日の天皇杯でヴィアティン三重に敗れた関学大は阪南大と対戦した。

 関学大は前半16分に先制を許すが、同32分にFW山見大登(2年=大阪学院大高)がDF竹本将太(4年=東高)のアシストから同点弾を挙げる。さらに同42分には、MF山本悠樹(4年=草津東高)のクロスをFW中村匡克(3年=洛北高)が頭で合わせ、逆転に成功した。

 2-1で前半を折り返した関学大は、後半8分に中村が自身2点目を、その1分後には山見も自身2点目を決め、4-1とリードを広げる。同34分には中村がハットトリックを達成。そのまま試合は終了し、5-1の大勝となった。

 26日の天皇杯1回戦で奈良クラブに勝利した立命大。しかし、29日のリーグ戦ではさらなる苦境に立たされ、大阪産業大に後半9分までに3失点を食らってしまう。

 立命大は後半19分にFW延祐太(3年=JFAアカデミー福島)が1点を返して反撃スタート。同38分にはFW鈴木太我(3年=桐光学園高)がヘディングシュートで2-3と点差を縮めると、後半アディショナルタイム4分過ぎ、延がMF藤井智也(3年=長良高)のアシストを決め切って3-3のドローとなった。

 3連勝の関学大は順位を2位に上げ、首位・大阪体育大と勝ち点2差に。勝ち点1を積んだ立命大の順位は4位から変動はなかった。次節の前期第10節は6月1、2日に開催される。

結果は以下のとおり

【前期第9節】
(5月25日)
[万博記念競技場]
近畿大 3-1 関西福祉大
[近]丸岡悟(41分)、中山天彦(44分)、知念哲矢(53分)
[関]金枝晃平(9分)

京都産業大 2-0 c(50分)、{{橋本和征(67分)

[西京極総合運動公園補助]
大阪体育大 2-1 桃山学院大
[大]疋田優人(56分)、林大地(58分)
[桃]山口海都(2分)

(5月26日)
[アクアパルコ洛西]
関西大 2-0 びわこ成蹊スポーツ大
[関]高橋晃平2(57分、65分)

(5月29日)
[西京極総合運動公園陸上]
立命館大 3-3 大阪産業大
[立]延祐太2(64分、90分+4)、鈴木太我(83分)
[大]杉田達哉(43分)、吉武莉央(47分)、深澤卓真(54分)

関西学院大 5-1 阪南大
[関]山見大登2(32分、54分)、中村匡克3(42分、53分、79分)
[阪]森山裕大(16分)

●第97回関西学生リーグ特集

TOP